[一条工務店]玄関ドアを選ぶ3つの方法 「プロノーバ&ファノーバ」

一条工務店
スポンサーリンク

こんにちは、ロージーです。

玄関はお家の「顔」と言われるほど、お家の外観にとって重要な部分です。そして玄関ドアは「お家の顔」玄関のメインパーツです。

ただ注文住宅のお家づくりにおいて、間取りなど他に決めることが多くて、あまり玄関ドア選びに時間がかけることができないのが現実です。(我が家もそうでした…)

また実際に玄関ドアを選ぼうとしても、「どういった基準で選べばいいのかわからない」ってかたも多いのではないでしょうか。

そこで今回は迷わず・手早く決めるための、一条工務店で玄関ドアを選ぶ3つの方法を紹介したいと思います。

現在玄関ドア選びに悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

デザインから選ぶ

お家の顔と呼ばれる玄関のメインパーツである玄関ドア。デザイン次第でお家の雰囲気がガラッと変わってきます。それではプロノーバ・ファノーバそれぞれのデザインを見ていきましょう!!

プロノーバは全5種類から選べます!!

基本的には採光用の窓が小さく、カッチリとかっこいいイメージがあります。

ファノーバは全10種類から選べます!!

種類がプロノーバの倍と多いため、採光用の窓も大小様々な大きさがあり、デザイン自体もオシャレ・かわいいものが多いです。

写真の見方

ドアの下に製品名を記載しています。因みにプロノーバは赤色、ファノーバは青色の枠でかこっています。

例:製品名[プロノーバorファノーバ]

また玄関ドアのカラーバリエーションは3〜10種類です。選ぶドアによっては自分のお気に入りの色が無いこともあるので、要チェックです!!

「どのドアを選べば、外観とマッチするかわからないよ」って方は、屋根や窓のサッシ、雨樋等と同系色を選べるドアを検討してみると、お家の外観に統一感がでるでオススメです。

また打ち合わせの際に玄関ドアを指定しておくと、後で頂けるカラーパースやカラー立面図にドアの変更が反映されるので、毎回違うドアを指定していくと比較できて便利です!!

断熱性能から選ぶ

まず、プロノーバとファノーバではドアに入っいる断熱材の厚みが違います。

  • プロノーバは厚み60mm
  • ファノーバは厚み40mm

プロノーバの方が入っいる断熱材に厚みがある為、基本的にはプロノーバの方が断熱性能が高いです。

ただし、プロノーバやファノーバ同士でも、ドアについている窓の面積等で断熱性能に差が出てきます。

今回はこの断熱性能をU値(熱貫流率)で比較してランキングを作成してみました。

U値(熱貫流率)とは

U値(熱貫流率)は室内外両側の温度差が1K(ケルビン)ある場合、1㎡の面積を何ワットの熱が壁体を通過するかを示した値となります。単位はワット毎平方メートル毎ケルビン[W/(㎡ ・K)]となります。

若干話が難しくなってしまいましたが、U値(熱貫流率)は、建物の壁、床、窓などの複合材料の断熱性能を表わす指標として主に用いられています。数字が大きいほど熱が伝わりやすく、数字が小さいほど熱が伝わり難いということを表しています。また数字が小さく、熱が伝わり難いということは、建物の壁、床、窓などの部材や材料が断熱性能に優れているということの裏付けでもあります。

窓リフォーム研究所より引用

それではU値のランキングを見ていきましょう!!

プロノーバ「A38」が該当。

一条工務店で標準採用できる中で最も断熱性能が高い玄関ドアです。

プロノーバ「A31」「A34」「A35」「A36」が該当。

ファノーバ「D13」が該当。

ファノーバ「A13」「A16」「A20」「B11」「C12」「C13」「C14」「C16」「C20」が該当。

比較対象として一条工務店の壁と窓のU値を記載しておきます。

  • アイスマート壁の断熱性能(U値)は0.2(w/㎡ k)
  • セゾンA壁(夢の家仕様)の断熱性能(U値)は0.27(w/㎡ k)
  • 一条工務店オリジナルトリプルサッシの断熱性能(U値)は0.8(w/㎡ k)

玄関ドアは基本的にお家の中でも断熱性能が低い部分です。それは「家は性能」を謳う一条工務店でも例外ではありません。また一条工務店の玄関は寒冷地仕様でないと床暖房が設置されません。玄関土間はコンクリートであり比較的熱を通しやすいため、ドアの断熱性能の低さも相まって、玄関は外気の影響を受けやすいです。よって特にこだわりがないのであれば、玄関ドアは断熱性能の高いものをオススメします。

また断熱性能で玄関ドアを選ぶ基準の一つとして三協アルミは、省エネルギー基準地域区分の1〜3地域(主に北海道・青森県・秋田県・岩手県)ではプロノーバの採用が推奨されています。

採光レベルで選ぶ

三協アルミでは実際の玄関ドアと人工光源システムを使って、玄関ドアの窓から入る光の明るさを評価する実験を行っています。またその実験によって、明るさをレベル1〜5の5段階で評価しています。

※レベルが高いほど明るくなります。

レベル1〜3では間接照明などの効果が大きく、落ち着いた雰囲気の玄関となります。

レベル3〜5では比較的明るく、趣味を楽しむ空間や人との語らいの場として活用できます。

レベル4〜5では窓から十分な採光が得られるので、植物を玄関で育てることができ昼間は照明なしで過ごせます。

それではそれぞれの採光レベルを見ていきましょう!!

ファノーバ「A13」「C14」「C16」が該当。

採光レベル5では相手の表情や様子がよくわかる明るさです。挨拶・接客がストレスなくできるようですね。

ファノーバ「A16」が該当

採光レベル4では玄関鏡で服装のチェック、身だしなみのチェックができる明るさです。

ファノーバ「A20」「B11」「C12」「C13」「C20」が該当

採光レベル3では郵便物の宛名が確認でき、受取のサインもできる明るさです。

プロノーバのレベル区分はされていませんでしたが、窓の大きさからみて恐らく採光レベル2〜3辺りだと思われます。因みに採光レベル2では靴の場所が確認できる明るさです。靴の左右の区別、靴の識別もできるみたいなので、玄関で靴の脱着をするのには十分な明るさでしょう。

ファノーバ「D13」が該当

採光レベル1では特に明るさについてコメントがありませんでした。実験として我が家の玄関ドアの採光窓を全てふさいでみると、当たり前な話ですが真っ暗になりました。ただその分照明計画がたてやすく、お昼でも間接照明やダウンライトを利用することで雰囲気ある玄関の演出ができそうです。

おまけ

原価から選ぶ

一条工務店の標準仕様で選べる玄関ドアですが、実はそれぞれ原価が違います。

一番安い「A30」と一番高い「A38」とで比べると1.6倍程、値段が変わってくるんです。ちょっと気になったので一覧表を作成してみました!!参考までに。

ファノーバ

  • A13:325,000円
  • A16:365,000円
  • A20:300,000円
  • B11:325,000円
  • C12:345,000円
  • C13:365,000円
  • C14:325,000円
  • C16:345,000円
  • C20:365,000円
  • D13:300,000円

プロノーバ

  • A31:390,000円
  • A34:450,000円
  • A35:430,000円
  • A36:450,000円
  • A38:490,000円

 

 

page内画像の出典:三協アルミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました